• SIMフリースマートフォンで安く使うこと

    スマートフォンを使用する際にはその端末の中にSIMというカードの挿入が必要です。

    昔は大手キャリア三社による特定の会社しか使用できないカードばかりでしたが、顧客の囲い込みという批判から今ではこうした端末以外にもSIMフリーのものも販売するに至ります。また大手キャリア三社以外の格安スマートフォンを提供するところでは、SIMカード自体はそのままに端末だけを機種変更していく流れが出来ています。


    そのため基本的には格安スマートフォンの場合ではSIMフリーの端末を利用する流れです。
    このとき通信料などはその格安スマートフォンで対応できるためそれほど高額にはなりませんが、通信料を多く設定している場合には相応に高額になります。したがって利用頻度とその通信や通話料金が見合ったものかどうかをよく確認して利用することが前提です。



    SIMフリーのスマートフォンは最新機種よりはむしろ一世代あるいはそれ以上昔の機種でよく見かけるものです。


    ただし一昔前とは言ってもそれなりの性能はあるものですし、一定の機能しか使用しない場合にはそれほど問題にはならないです。



    通信専用のアプリケーションなどの利用の場合は大手キャリアの提供するスマートフォンの利用は、その料金に合わないと思っている人が多くいます。



    料金設定で安くしかも使用できる機能はシンプルでいい人にはSIMフリーでしかも格安スマートフォンの利用がよいわけです。

    今後もこの傾向は続きますし国においてもこうした競争を後押しする施策をとっています。